Vintage ターンテーブル メンテナンス

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
ヴィンテージターンテーブルのメンテナンスを承ります

日本電気音響 DENON, RCA, GATES, KRQ, PRESTO などヴィンテージターンテーブルのリペアお受けします。お問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

費用について

DENON PR-53Dの例をご紹介いたします。

1. 部分的な改修

¥160,000(税別)

ゴム系部品交換、アイドラー、防振ゴム、ハンガーゴム交換、モーターコンデンサ、
モーター軸下ベアリング交換、調整料込み

作業期間 : 2週間

 

2. 部分的な改修+モータープーリー制作 (50Hz, 60Hz)+操作パネルリペア+縦横振動測定

¥200,000(税別)

作業期間 : 2週間半

 

3. 上記1+2+ターンテーブル本体不要穴塞ぎ+ ハンマートーン塗装仕上げ

¥300,000(税別)

作業期間 : 3週間

 

4. 専用キャビネット制作 (筐体厚み 横100mm, 底50mm, アルミ金物, コーナーR仕上げ, 出力パネル制作)

¥220,000(税別)

 

改修に使用するアイドラーは精度の悪い切り抜きゴムではなく、高精度な蒸着製造品 (硬度50度) を使用しています。交換部品は6ヶ月の保証期間が付きます。交換部品以外の部品(モーター変速機等)の部品は保証外になりますのでご了承ください。

230910_13.jpg

 

ターンテーブル改修事例 日本コロムビア (DENON) RP-53D

50年間の経年劣化をオーバーホールで本来の性能を取り戻します。

ex1.jpg

 

1. 変速機分解整備 : 分解清掃と給脂を行い、滑らかに動作することを確認します。

ex3.JPG

2. アイドラー交換 : 経年劣化による硬化と消耗により異音や振動が発生する状態。

ex4.JPG

アイドラーの高度は仕様の50度に対し74度で硬化が見られます。

ex5.JPG

新しく製作したアイドラーに交換します。硬度は仕様通りの50度です。

ex6.JPG

3.モーターシートゴムを交換・調整

モーターシートゴムが劣化で潰れています。

ex7.JPG

新しく製作したモーターシートゴムに交換します。

ex8.JPG

交換完了後、各部調整を行いロックペイント処理します。

ex9.JPG

4. モータープーリーとハンガーゴムの交換

腐食したプーリーとハンガーゴムを交換します。

ex10.JPG

新しく製作したプーリーとハンガーゴム。

ex11.JPG ex12.JPG

交換が完了しました。

ex13.JPG

5. モーターの分解清掃

ex15.JPG ex16.JPG ex20.JPG

6. 変速機組み付け調整

ex18.JPG

7. オーバーホール完了後、振動レベルを測定します。

ex19.JPG

8. 厚み100ミリの楢材キャビネットを製作、搭載し完成です。

ex1.jpg

 

お問い合わせ

 


サウンドラボのサービス
#
真空管 各種パーツ販売
#
Vintage ターンテーブル メンテナンス
#
ヴィンテージ製品販売